福岡県篠栗町5歳児餓死事件

赤堀恵美子の顔画像!優しそうな洗脳詐欺師の寂しい人生|福岡県篠栗町

福岡県篠栗町5歳児餓死事件

福岡県篠栗町で、当時5歳だった翔士郎(しょうじろう)くんを餓死させた疑いで母親とその知人が逮捕されました。逮捕された母親の知人は、赤堀恵美子(あかほりえみこ)容疑者。

赤堀えみこ容疑者は普段から母親宅の財産を管理し、食事についても指示を出していたとみられています。つまり、洗脳しマインドコントロールしていたとのこと。赤堀恵美子の顔画像や赤堀恵美子自身について迫ります。

※赤堀恵美子と翔士郎くんの関係について追記あります。

※赤堀恵美子の衝撃的な画像追記しました。

赤堀恵美子の顔画像

赤堀恵美子の顔画像がこちらです。

akahoriemiko-kaogazou
赤堀恵美子の顔画像
akahoriemikonokaogazou
赤堀恵美子の顔画像
akahoriemiko-kaogazo
赤堀恵美子の顔画像
akahoriemikonokaogazo
赤堀恵美子の顔画像

とてもふっくらとしていて、優しそうな顔をしています。幼稚園の行事の時と思われる写真は、口紅も塗りアイメイクもしっかりしています。周りによく思われたいという思いからでしょうか。

少なくともママ友が集まる場所にでは、身なりはきちんとしていたようです。髪の毛は茶色で眉毛が細いところからは、若い頃はヤンチャしていたのかと思わせます。そこから中身が大人になることなく、48歳まで生きてきた。

無職の赤堀恵美子容疑者は勉学の能力には劣るが、人を騙し洗脳する能力に長けていったのでしょう。餓死した5歳の翔士郎くんに対して、赤堀恵美子容疑者がこれだけふくよかだと赤堀恵美子の顔を見ただけでも怒りを覚えてしまいます。

【追記】3月3日報道にて、赤堀恵美子の衝撃的な画像が報じられました。ポーズの意図が理解不能。人を騙して裕福な生活ができていることに、顔がゆるみっぱなしだったのでしょか。

akahoriemiko-kaogazo
赤堀恵美子の顔画像

赤堀恵美子の家族・夫と子供の画像

赤堀恵美子の住所マンション特定!

赤堀恵美子が洗脳!篠栗町餓死事件

赤堀恵美子のプロフィール

名前:赤堀恵美子(あかほりえみこ) 旧姓:宮崎
年齢:48歳
住所:福岡県篠栗町尾仲232-1 ※詳細はこちらの記事 
出身:福岡県大川市
職業:無職
既婚:旦那・子供3人

akahoriemiko
赤堀恵美子が住む福岡県篠栗町

篠栗町は福岡県の北西部、福岡市内から東に約12キロの距離に位置しています。 福岡県民には有名な若杉山などの山々に囲まれています。森林面積は町全体の約7割。緑豊かな町です。

町内には、そんな自然を活かしたウォーキングコースやキャンプ場があり、休日は多くのハイキング客などで賑わう町です。赤堀恵美子容疑者と今回亡くなった5歳の翔士郎くんの母・碇理恵容疑者は、幼稚園のママ友だったとのこと。

ということは、赤堀恵美子にも幼稚園に通う子供がいたということになります。緑豊かな町でのびのびと育っていた赤堀恵美子容疑者の子供と、亡くなった翔士郎くん。仲良く遊んでいたのかもしれません。

母親から子供とお金を奪っただけでなく、我が子から大切な友達をも奪った赤堀恵美子容疑者。幼稚園にも翔士郎くんの友達がたくさんいたはず。翔士郎くんのおじいちゃんおばあちゃんだって…。

多くの人を悲しみの渦に巻き込んだことに、赤堀恵美子容疑者は果たして気付いているのか…

赤堀恵美子の壮絶な生い立ち

赤堀恵美子の家族は強面夫と子供

誰からも相手にされない寂しい人生の赤堀恵美子

赤堀恵美子について調査していくと、そこには誰からも相手にされない寂しい人生を送っていたことが浮き彫りになってきました。以下は、亡くなった翔士郎くんの母親・碇理恵の知人からの証言です。

「子どもの行事とかで学校に行った時にいつも2人でいました。(他のママ友から)碇さんが赤堀さんと付き合いだして、無視をされるようになったって聞いたことがあります」

引用元:yahooニュース

赤堀恵美子容疑者と碇理恵容疑者は常に一緒にいたとのこと。碇理恵には赤堀恵美子しかいなかったということになります。ですがそれは逆に赤堀恵美子にも碇理恵しかいなかったとういこと。

そして赤堀恵美子と付き合うようになってから、他のママ友から無視をされるようになった。それは赤堀恵美子が要注意人物として周りのママ友から嫌われていたからです。赤堀恵美子と関わりたくないから、赤堀恵美子と関わっている碇理恵にも関わらないでおこうという心理。

誰からも相手にされず、悩む日々が赤堀恵美子には極度のストレスだった。そのストレスから過食に走った。もとからふくよかだったかもしれませんが、拍車をかけたのは間違いありません。

碇一家の食事にまで指示を出していたのですから。『食』への執着は明らかです。ママ友ができない、無視される、相手にしてもらえない…過食に走る。そんな寂しく悲しい人生を送っていた赤堀恵美子容疑者。

そんな時に碇理恵との出会いで、赤堀恵美子の洗脳・マインドコントロールという暴走が始まります。

赤堀恵美子の生い立ちが可哀想すぎる

福岡県篠栗町5歳児餓死事件の詳細

碇利恵は洗脳にかかっていなかった

赤堀恵美子がママ友を洗脳し5歳児を餓死させる

福岡県・篠栗町で当時5歳の息子に十分な食事を与えず衰弱死させた疑いで、警察は39歳の母親とその知人の女を逮捕しました。 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、ともに福岡県・篠栗町の無職・碇利恵容疑者(39)と赤堀恵美子容疑者(48)です。

引用元:yahooニュース

福岡県篠栗町で餓死したのは、当時5歳だった碇翔士郎(いかりしょうじろう)くん。翔士郎くんを餓死させたとして逮捕されたのは、母親の碇理恵(いかりりえ)容疑者と赤堀恵美子(あかほりえみこ)容疑者です。

母親・碇理恵容疑者らは、2019年8月ごろから当時住んでいた篠栗町のマンションで、碇容疑者の三男・翔士郎くんに十分な食事を与えず放置し、餓死させました。母親の碇理恵と、赤堀恵美子容疑者は同じ幼稚園に子供を通わせていました。

2人は数年前にママ友になったとのこと。赤堀恵美子容疑者は「(碇容疑者の)旦那が浮気をしている」と嘘そつき、架空の浮気調査費名目などでお金をだまし取りました。碇容疑者が離婚した後や、翔士郎くんが無くなったあとも生活保護費などから多額の現金をだまし取っています。

食事に関しても指示を出していたようで、翔士郎くんには食事を与えないようにと言っていたことも判明しています。「お兄ちゃんは茶碗一杯。その下の弟は少し減らして。翔士郎くんはなし」

akahoriemiko
赤堀恵美子の指示
akahoriemiko-kaogazou
赤堀恵美子の指示
akahoriemiko
赤堀恵美子の指示

その結果、翔士郎くんはあばら骨が浮き出るほど痩せ、体重は5歳児の平均(18.9キロ)を大幅に下回り、2歳児並みの約12キロだったとのことです。

赤堀恵美子の住所マンション特定!

5歳餓死碇利恵のマンションを特定!

碇利恵は洗脳を理由に逃げる女

赤堀恵美子の洗脳!篠栗町5歳餓死事件

【追記】赤堀えみこは翔士郎くんが嫌いで餓死させた幼稚な人間

以下は、赤堀恵美子容疑者と翔士郎くんと、その母・碇利恵容疑者の写真です。2人は家族ぐるみでの付き合いがあったとのこと。ママ友からは無視されていたことがわかっていますので、赤堀家と碇家の食事の場面かと思われます。

ikaririe
左から赤堀恵美子、翔士郎くん、碇利恵

赤堀恵美子容疑者の視線に注目してください。機嫌悪そうに睨むその視線の先には、今回餓死で亡くなった翔士郎くんがいます。翔士郎くんはフタか何かで遊んでいる様子。翔士郎くんには2人の兄がいますが、食事を抜かれたのは翔士郎くんだけです。

明らかに翔士郎くんへの対応が違います。普通子供が遊んでいる姿を見ると、自然と顔はほころぶもの。でも赤堀えみこ容疑者は違います。嫌悪感がにじみ出るこの顔から、翔士郎くんのことが嫌いだということは明らか。

『嫌いだから意地悪をする』という小学生のような考えの、赤堀恵美子容疑者。

【追記】赤堀恵美子容疑者は、やはり翔士郎くんのことを嫌っていたことが判明しました。翔士郎くんは赤堀えみこ容疑者に反抗してしまい、恨みをかったようです。幼稚過ぎる赤堀恵美子容疑者。

幼い翔士郎ちゃんは自宅に頻繁に出入りしていた赤堀容疑者に反抗したため「しつけがなっとらん」と赤堀容疑者は碇容疑者を叱責。

引用元:auヘッドライン

赤堀恵美子の家族画像

洗脳詐欺師赤堀恵美子の生い立ち

【追記】赤堀恵美子容疑者の演技力に児相も騙される

赤堀恵美子容疑者は言葉巧みに碇利恵容疑者を操り、夫と離婚させたり多額のお金を奪いました。それだけでなく、翔士郎くんが亡くなってしまうほどになるまでの、食事の制限までさせていました。

ですが、赤堀恵美子容疑者が騙したのは碇利恵容疑者だけではありません。篠栗町の児童相談所の職員も騙されていたのです。2019年9月に翔士郎くんの通う幼稚園から児相に「体重が減っている」「碇利恵容疑者と連絡が取りにくい」と相談がありました。

それをきっかけに児相は碇家を見守りの対象にしていました。これまでに児相は40回近く訪問や電話・面談での相談を行ってきたとのこと。その際に赤堀恵美子容疑者も同席することもあったと児相の職員は話します。

時には碇利恵容疑者とは会えず、赤堀恵美子容疑者が「碇利恵容疑者は体調が悪く面会できない」「対人恐怖症なの」と門前払いすることもありました。そんな赤堀恵美子容疑者のことを、担当者は『面倒見のいい友人』と認識していたとのこと。

児相の職員までも丸め込んでしまう赤堀恵美子容疑者。見た目の圧力感もあいまってか、赤堀恵美子容疑者の演技力は凄まじかったのでしょう。

赤堀恵美子のマンション「Tutti27」

福岡県篠栗町5歳児餓死事件詳細

コメント

  1. ll より:

    登場人物、全員、障害者でしょ。
    デブは炭水化物(糖質)と砂糖ばかり食べてるからデブなんで、それで統合失調症と欝と糖尿病精神病で砂糖中毒だからね。
    だからデブは性格が悪いのしかいないわけ。

    障害者の家系って児童虐待が文化になってるからね。
    こーゆう輩は感情的な声が好きで、大きな声で話したりして威圧してくる。
    そして文系。
    心理学や精神医学のようなデタラメなものを専攻する可能性が高い。
    頭悪いから文系になるんだよね。
    障害者が得意なのは記憶力だけ。
    記憶力が弱い障害者は文系、心理学、精神医学、文学、体育会などをするしかない・・・これはカルト宗教と同じだから廃止したほうがいい。

タイトルとURLをコピーしました