福岡県篠栗町5歳児餓死事件

碇利恵のマンションを特定!洗脳され虐待の末子供を餓死させた自宅

福岡県篠栗町5歳児餓死事件

福岡県篠栗町で、当時5歳だった翔士郎(しょうじろう)くんが餓死。母親の碇理恵(いかりりえ)とママ友・赤堀恵美子が逮捕されました。母親の碇りえは、赤堀恵美子容疑者の洗脳でマインドコントロールされていました。

その結果、多額のお金を奪われ、翔士郎くんに食事を与えず餓死させてしまいます。碇利恵の自宅マンションを特定!

碇利恵のマンションを特定!

碇利恵のマンションの特定を試みました。まず、篠栗町のマンションで検索をしてみると、以下7件がヒット。

ikaririe-mannsyonn
碇利恵のマンション特定

しかし、どれも報道された碇利恵のマンションとは違いました。そこで、マンションではなく、ビルで検索してみました。すると、報道された碇利恵のマンションの特徴である茶色のマンションがヒットしました。

ikaririe-mannsyonn
碇利恵のマンション特定

『篠栗尾仲ビル』というマンションです。報道された碇利恵のマンションの画像と比べてみます。まずは、地図で出てきた碇利恵のマンション候補として可能性の極めて高い『篠栗尾仲ビル』の画像です。

ikaririe-jitaku
碇利恵のマンション特定

次に、報道された碇利恵のマンションの画像です。

ikaririe-mannsyonn
碇利恵のマンション
ikaririenomannsyonn
碇利恵のマンション
ikaririe-jitaku
碇利恵のマンション

マンションの形状や色、玄関の色や外観全てが報道されていたものと一致します。ということで、碇利恵のマンションは『篠栗尾仲ビル』で間違いないです。

ikaririenomannsyonn
碇利恵のマンション

碇利恵のマンション住所:〒811-2413 福岡県糟屋郡篠栗町尾仲697-1

碇利恵の自宅マンションは、1984年3月に建てられ鉄筋コンクリート、7階建てです。築37年なる言わば古いマンション。現在は満室状態でした。篠栗尾仲ビルの家賃情報がなかったので、周辺のマンションの家賃を調査してみました。

すると、3万円~6万円の家賃がほとんどでした。ですので、碇利恵が住んでいた自宅も同じくらいと思われます。福岡市外でいうと6万円は一般的か、3万円ともなると安い方です。

ですが、碇利恵は旦那の浮気調査として赤堀恵美子から多額のお金を奪い取られていました。そして離婚に追いやられ、生活保護を受給していましたがそれさえもほぼ全額赤堀恵美子に渡していたと報じられています。

その額1000万円越えになると、3月3日の報道で明らかになっています。このマンションの一室で、翔士郎くんはろくに食事も与えられずに、餓死してしまいます。碇利恵は赤堀恵美子から洗脳されていたとは言え、衰弱していく我が子の変化を目の当たりにして我に返らなかったのでしょうか。

洗脳詐欺師赤堀恵美子の顔画像

福岡県篠栗町餓死事件詳細まとめ

碇利恵のマンションで5歳児餓死虐待の様子

碇利恵容疑者は赤堀恵美子容疑者に洗脳され、マインドコントロールされていたことが警察の調べてわかっています。

▼福岡県警 平瀬正孝捜査一課長
「他人であるが長きにわたり碇家の家庭内の事情に精通し、また食生活一切を管理する、お金を搾取するというような本件の主導的立場にある」

引用元:fnn.jp

その洗脳により翔士郎くんは2019年8月から十分な食事を与えられていなかったのです。翔士郎くんには2人の兄がいます。ですが、食事を抜かれたのは翔士郎くんのみ。

ikaririe

遺体発見時の翔士郎くんは、あばら骨が浮き出るほど痩せていたとのこと。体重は5歳児の平均(18.9キロ)を大幅に下回り、2歳児並みの約12キロでした。血糖値はたったの『3』。血糖値がたったの『3』という数字は、小児総合医療センターのセンター長によると「10時間、12時間というレベル以上の飢餓状態」とのこと。

ikaririe-mannsyonn

つまりは、翔士郎くんは最低でも12時間以上は何も食べさせてもらえてなかったことになります。翔士郎くんは当時5歳です。思ったことは良くも悪くも口にしてしまいます。きっと素直に「ママ、お腹空いたよ」と母親・碇利恵容疑者に言っていたのです。

「ママ、お腹空いた」「ママ、お菓子食べたい」ガリガリの体で必死に訴えますが、赤堀恵美子容疑者に洗脳されていた碇利恵容疑者には響かなかった。翔士郎くんの遺体発見時、翔士郎くんは放置するような形だったという報道もあります。

抱き上げてもらうことすらもされていなかったのでしょう。母親である碇利恵容疑者は洗脳されていただけでなく、虐待もしていたことが発覚しました。

翔士郎ちゃんは碇容疑者からたたかれたり、押し入れに閉じ込められたりする虐待を繰り返し受けたという。

引用元:auヘッドライン

最期は極度の飢餓状態だったということですから、喋ることすらも、動くことすらもできませんでした。ですが翔士郎くんは心の中で必死に母親に助けを求めていました。

「ママ、助けて」「ママ、喋れないよ」「ママ、動けない」「ママ、何か食べたいな」「ママ…ママ…」…

翔士郎くんは2020年4月18日に息を引き取りました。母親の愛情を受けることなく、すぐ側には母親がいるのに孤独を感じながら、どん底の真っ暗闇のなか…

【追記】逮捕された母親・碇理恵容疑者の証言で、翔士郎くんは10日間もの間水しか与えられていなかったことが判明しました。

保護責任者遺棄致死容疑で福岡県警に逮捕された母親の碇利恵容疑者(39)から10日連続で水しか与えられていなかったことが、捜査関係者への取材で判明した。

引用元:auヘッドライン

碇利恵は洗脳されていなかった

福岡県篠栗町餓死事件詳細まとめ

洗脳詐欺師赤堀恵美子の顔画像

赤堀恵美子の家族構成は強面夫と子供

コメント

タイトルとURLをコピーしました