事件・事故

金井裕喜金井あずさの顔画像「四女の赤ちゃんだけを虐待か」埼玉県美里町

事件・事故

埼玉県美里町に住む、金井裕喜容疑者と金井あずさ容疑者が生後3ヶ月の赤ちゃんを死亡させました。警察は赤ちゃんに適切な治療を受けさせなかったとして、保護責任者遺棄致死の疑いで金井裕喜・あずさ容疑者2人を逮捕しました。

赤ちゃん虐待で逮捕された金井裕喜容疑者と金井あずさ容疑者の顔画像写真について迫ります。

金井裕喜・あずさ容疑者が赤ちゃん虐待死亡で逮捕

埼玉県美里町で去年、衰弱した生後3カ月の赤ちゃんに適切な治療を受けさせず死亡させたとして両親が逮捕されました。  無職の金井裕喜容疑者(29)と妻のあずさ容疑者(28)は去年9月、美里町の自宅アパートで四女で生後3カ月の喜空ちゃんが低栄養状態で衰弱しているにもかかわらず、適切な治療を受けさせず死亡させた疑いが持たれています。

引用元:yahooニュース

埼玉県美里町で去年、衰弱した生後3カ月の赤ちゃんに適切な治療を受けさせず死亡させたとして両親が逮捕されました。
無職の金井裕喜容疑者(29)と妻のあずさ容疑者(28)は去年9月、美里町の自宅アパートで四女で生後3カ月の喜空ちゃんが低栄養状態で衰弱しているにもかかわらず、適切な治療を受けさせず死亡させた疑いが持たれています。

調べによると、金井裕喜・あずさ容疑者の娘、四女の喜空(きあ)ちゃんは顎の骨と肋骨が骨折していたとのことです。死因は全身機能障害・低栄養状態で免疫力低下。警察の調べに金井裕喜容疑者は「虐待で捕まるのが嫌で放置してしまった」と供述。

妻の金井あずさ容疑者は、「けがを見て病院に連れていかなければならないと思ったが、夫に拒否され従ってしまった」と供述しています。警察は日常的な虐待がなかったか調べを続けているということです。

金井裕喜・金井あずさ容疑者の顔画像

生後3ヶ月の赤ちゃんに、適切な治療を受けさせず死亡させた金井裕喜・あずさ容疑者。金井あずさの画像はこちら。

埼玉県美里町赤ちゃん虐待で逮捕された金井あずさの顔画像
埼玉県美里町赤ちゃん虐待しの容疑者金井あずさの顔画像

残念ながら匿名掲示板等を調べてみたのですが、金井あずさの顔画像は出てきませんでした。しかし金井あずさの夫・金井裕喜の顔画像は入手することができました。

埼玉県美里町赤ちゃん虐待死亡事件金井裕喜の顔画像
埼玉県美里町の赤ちゃん虐待死亡事件で逮捕された金井裕喜容疑者の顔画像

金井裕喜・あずさ容疑者は四女の赤ちゃんだけを虐待か

死亡した喜空(きあ)ちゃんは、顎と肋骨の骨折の傷口からの感染で機能障害に陥り死亡したとのこと。顎の骨折により、ミルクを飲むのが難しくなっていたということも判明しています。ですが、たった数回ミルクが飲めなかったとしても低栄養状態・低体重にはなりません。

つまりは、少なくとも顎の骨折は長い期間放置されていたことになります。完全な育児放棄・虐待です。保護者としての責任が果たせていません。死亡した生後3ヶ月の赤ちゃん・喜空ちゃんは、四女でした。少なくとも上に3人の姉妹がいたことがわかります。

近所の人からは「お姉ちゃんと旦那さんが、庭でキャッキャ子供を遊ばせていたことがあった」との証言があります。金井裕喜容疑者が外で上の子達と遊んでいたということは、少なくとも喜空(きあ)ちゃんのお姉ちゃんたちの育児は放棄していた訳ではないようです。

虐待をしている親は、その子供を外に出したがりません。傷やあざ、外見から虐待をしていることがばれてしまうからです。と考えると、上の子供達には虐待はしていなかった。

今回死亡した四女の喜空ちゃんだけが、金井裕喜・あずさ容疑者から虐待を受けていたと考えるのが自然でしょう。喜空ちゃんはまだ生後3ヶ月、視力が発達してきてパパとママの顔がはっきりとわかってきた頃。笑顔も増えてきて可愛い月齢です。

金井裕喜容疑者とあずさ容疑者は、2人とも無職とのこと。子供も(わかっているだけで)4人でお金がかかります。精神的・肉体的、色々とキャパオーバーで一番弱者の喜空ちゃんに手をかけてしまったのか…。

名前には父である金井裕喜容疑者の『喜』の字をつける程、最初は愛していたのになぜ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました