事件・事故

警官発砲で包丁男死亡・新潟市西蒲区津雲田「新人警官じゃあるまいし予測はできていた」

事件・事故

12月18日、新潟市西蒲区(にしかんく)の住宅から通報を受けた新潟県警西蒲署の署員が、玄関先で包丁を振りかざして近づいてくる男に発砲。その弾は男の胸にあたりその後死亡する事件が発生しました。

ネットでは発砲が適正であったかどうかが議論されています。事件をよく観察してみるとその答えが見えてきました。

新潟市西蒲区警官発砲射殺事件の概要

警官が発砲し、男が亡くなった事件が発生したのは12月18日の午後8時35分頃です。

新潟市西蒲区の住宅から「兄が包丁を持っている」と110番があった。新潟県警西蒲署の署員3人が現場に駆けつけたところ、男(37)が玄関先で包丁を振りかざして近づいてきたため、40歳代の男性警部補が拳銃で1発発砲し、男の胸に当たった。男は約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

引用元:Yahoo!ニュース

家族から「精神的に不安定な兄が包丁を持っている」と通報があり、警官3人が現場へ駆けつけました。警官3人はそれぞれ拳銃を構えて「凶器を捨てろ」と何度も警告したとのこと。しかし、男は何かを言いながら包丁を振り回し、約2メートルの距離まで近づいてきました。

そこで一番包丁男に近かった警部補(40歳代)が1発発砲。男の胸に命中し、約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。県警警務課の清水宏明課長は「現時点では適正な(拳銃の)使用だったと考えている」と説明しています。

警官が包丁男に発砲 男は胸を撃たれ死亡

警官発砲包丁男死亡事件の場所

警官が発砲し、男が死亡した事件は新潟市西蒲区津雲田と掲載されています。以下の地図の赤枠内が津雲田となります。

事件現場となった津雲田は、辺りは主に畑となっていて田舎です。近くには、飲食店や小学校・保育園などがあります。住宅は地図の津雲田区域の左下に集中して建っているようです。事件が起きた自宅もこちらのどこかという可能性は高いかと思われます。

警官発砲は適正ではなかった

報道されている内容「包丁を振り回し、約2メートルの距離まで近づいてきた為発砲した」と聞くと一見、発砲は適正だったと思います。しかしよくこの警官発砲射殺事件を観察してみると、発砲は適正ではなかったことが浮き彫りになってきました。

まず、警官が拳銃を使う時には決まった流れがあります。以下は、元特捜部主任検事という方からの情報です。

警察官によるけん銃の使用は、濫用を防止するため、(1)取り出し、(2)構え、(3)撃つ予告、(4)威かく射撃、(5)相手に向けた射撃、(6)相手への危害、といった各段階ごとに、法令で極めて厳しい要件が定められています。
特に(5)や(6)が問題となりますが、例えば(3)をしたにもかかわらず相手が行為を中止せず、突然に襲いかかり、相手に向けてけん銃を撃たなければ自己や他人の生命、身体を防衛し、犯人を逮捕することができないと警察官が認めたときは、その者に対してけん銃を発射し、負傷させても適法とされます。

引用:元特捜部主任検事@ヤフーニュースコメント

拳銃を使用するには、『拳銃を取り出す→構える→発砲予告→威嚇射撃→犯人に向けた射撃→相手への危害』という流れが定められています。ですが自分や他人の命の危険があれば、必ずしも守らなければいけない訳ではありません。

今回現場に駆け付けた警官3人は、「凶器を捨てろ」と何度も言ったとのこと。発砲の予告をしたのかまでは報道されていません。そして、威嚇射撃もなしに胸に発砲。包丁男との距離は2メートルとのことでした。

凶器を捨てろと何度も言っている時間があったのだから、「これはまずい状況だ」というのは分かったはず。ましてや発砲したのは『警部補』です。新人警察官じゃあるまいし、現場に向かうパトカーの中でもシミュレーションできていたはず。

警部補といえば、一番下の階級から数えて4番目です。警察庁・警察本部の主任、警察本部の係長クラスの階級。

一番下から数えて4番目の階級と言っても、誰でも簡単になれる訳ではありません。厳しい昇任試験が三次試験まであります。そこをクリアしていますし、年齢も40代、経験も知識もあったに違いありません。

そんな人が、「包丁男の胴体(胸)めがけてとっさに撃ってしまった」なんていう状況が適正だと判断されるでしょうか。そうではないと思います。犯人との距離も2メートルだったのなら、命中する確率が高いのは発砲した警部補もわかっていたはず。

狙った場所に当たらないにしても、急所に当たらないようにはずすか、威嚇射撃はできたと思われます。そもそも包丁よりも拳銃の方が優位ですしね。警察はもっと拳銃を使って様々な状況を仮定して、訓練をするべきなのは言うまでもありません。

警官発砲射殺に対してネットの声

2メートル先で急所以外も狙えない警察ってwこわw
今回は拳銃を使う事自体は問題ないんだろうけどw確実に殺しにいってるやんw日本の警察には拳銃持たせちゃあかんわこりゃwテーザーガンがお似合いw超極悪死刑囚ですらなかなか死に追いやられることもねえのに警察は過剰制圧やら過剰追跡で簡単に人を殺していくよなw殺されるほどの罪を犯したのか?相手にしなけりゃ勝手に挫折する事もあるだろうにw正義面して殺しに行くわけだwこの世に正義はあっても警察に正義は絶対にない。結果だけ見れば適切だったなんて事は口が裂けても言えねえと思うが平然と言ってのけるwこわやこわやw

通報内容からも刃物所持は解ってたはず、ならば警察官は必ず防刃チョッキを着ていくはずだし特殊警棒もある。これなら例え刺されても致命傷にはならないし現場には複数で行ってるはず(警察官は通報が入ったら基本一人では行動しない)犯人は一人だし刃物を所持していても拳銃使わずに制圧出来たんじゃないの。

コレ、あかんやろ。急所外すべきじゃね?パトカーサイレン鳴らして飛ばしまくってたりもしますけど。警察官もろくな奴おらんな

さすまた使うとか、急所を外して撃つとかできないのかね。

まずは空に向けて1発威嚇射撃。
犯人撃つなら足を狙う。
当たり前の事が出来ていない。
ただの殺人だ。┐(´д`)┌

もっと早く撃って、足を狙うべきだよな。余裕が無くなってから確実に当たりやすい胴体を狙うのはどうだろうね。包丁男も運が無かったな

コメント

タイトルとURLをコピーしました