岡庭由征茨木一家殺傷事件

岡庭由征の前科余罪まとめ「虐待しながらかわいいなと言っていた」同級生衝撃の証言!

岡庭由征茨木一家殺傷事件

茨木一家殺傷事件の犯人、岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者。硫黄45キロ所持や警察手帳偽造、数十件に及ぶ放火など、数多くの前科が明るみになってきている岡庭よしゆき容疑者です。

岡庭由征の前科余罪をわかりやすくまとめます。また、同級生からの衝撃の証言も入手。犯行時の異様な様子が明らかに!

岡庭由征の前科

小さなころからサイコパスだったという岡庭由征容疑者。少年時代に既に十数件の犯罪を犯していたことも判明。岡庭由征の前科についてまとめていきます。

岡庭由征の前科:猫の首を学校に持って行き退学

岡庭由征は私立高校に入学しましたが退学し、通信制高校に転入していました。私立高校に通っていた時のことです。岡庭容疑者は、猫の首を学校に持ち込むという恐ろしい行動をしていました。

okaniwayoshiyuki

男子生徒(岡庭由征)は私立高校に通っていたが、死んだ猫の首を段ボールに入れて学校に持って行くなどのトラブルを起こし、同校を退学。

岡庭由征の前科:放火・動物虐待など計13件

岡庭由征容疑者には、高校2年生の時に既に計13件の罪に問われていました。三郷市内で自動車やバイク、簡易トイレに放火したという非現住建造物等放火罪。2010~11年にかけて千枚通しを用いて猫2匹を殺したという動物愛護法違反などです。

公判は2013年2月からさいたま地裁で行われていました。また、刃物も多数所持しており押収されています。

okaniwayoshiyuki

岡庭由征の前科:2011年11・12月 殺人未遂で逮捕

岡庭由征容疑者が通信制高校に通ってた頃。岡庭よしゆきは、下校中の中学3年生の女子生徒に自転車で背後から近づきます。そして無言で女子生徒のあごを包丁で突き刺しました。

その翌月には小学2年生のわき腹を複数回刺しています。この2件が連続通り魔として報じられ、岡庭由征は逮捕。しかし広汎性発達障害と診断され、医療少年院へ送致となりました。

【広汎性発達障害とは】
対人関係の困難、パターン化した行動や強いこだわりの症状がみられる障害の総称。

岡庭容疑者少年院での様子が衝撃的

岡庭由征の前科:2020年11月 硫黄45kg所持容疑で逮捕

岡庭由征容疑者の自宅から、硫黄や猛毒の原料などの危険物が大量に発見されました。これにより埼玉県警に三郷市火災予防条例違反の容疑で逮捕。後に消防法違反の罪などで起訴。岡庭由征の部屋を訪れた捜査員は、「まるで実験室のようだった」と証言しています。

岡庭由征の前科:2021年2月 警察手帳偽造で逮捕

警察手帳を偽造したとして茨城県警が公記号偽造容疑で逮捕

岡庭由征の前科:理解不能な趣味嗜好

こちらは岡庭由征の理解不能な趣味嗜好についてです。前科という訳ではありませんが、岡庭容疑者の趣味嗜好があまりにも残虐なもので犯罪レベル。

・動物の虐待動画閲覧
・女児の首が傷つけられた場面の映像ファイル所持
・女性が苦しむ姿を見て性的快楽を得ていた

岡庭由征の余罪

今回岡庭よしゆきが茨木一家殺傷事件の犯人として逮捕されたのは、硫黄所持や警察手帳偽造で引っ張ることが出来たから。しかし岡庭由征にはこの他にも以下の余罪があるのではないかとネットで騒がれています。

2018年4月~5月
4月上旬から今月にかけて、隣接する越谷市と吉川市で
不審火が12件相次いで発生。
約60人態勢で捜査を進める県警は、同一犯による連続放火事件の
可能性を示唆。
発生から約1カ月。越谷、吉川両市に近い茨城県守谷市でも6日未明
に不審火が相次ぎ、関連を調べ、千葉県野田市など付近の自治体は
警戒を強めている

2019年5月6日(月)こどもの日振替休日 19時45分
境町若林地内 兎谷津へら鮒センター南西側付近において
火災その他が発生
被害者宅から200m地点で、かつて被害者は釣りぼりを経営
周辺では建物火災の他、放火と思われる 車両火災が多数発生

2019年8月24日(土) 未明
八千代町(境町の隣の隣)で老夫婦が殺傷される
→ベトナム人農業実習生を逮捕→9/23起訴 
「現場に行ったことはない」と否認

2019年8月30日(金)午前2時55分頃
境町で火災、焼け跡から共に刺し傷のある70代と30代の親子の遺体、
死因は焼死と出血性ショック→境署は心中とみて捜査

2019年9月1日(日)午前4時頃
坂東市(境町に隣接する市)の路上で通り魔による殺人未遂事件発生

2021年1月~2月中旬
三郷市に隣接する流山市、松戸市で放火による不審火が頻発
数名の人が火災で亡くなる

いずれも放火や殺傷事件に関するものです。岡庭由征も数多くの放火を認めているので、可能性はあります。人を苦しむ姿に性的興奮を感じるとも証言している岡庭由征。現在明るみになっている罪の他にも、重大な事件を起こしていると思われても仕方がないです。

岡庭の顔が整形はデマ!画像

岡庭由征同級生証言「虐待しながらかわいいなと言っていた」

小学5年生の頃から、岡庭由征の猫への虐待は始まりました。パソコンでは猫を茹でる動画を閲覧していたのを、岡庭よしゆき容疑者の母親が目撃しています。

小学5年生の頃から、猫の虐待を始める。
「息子は小学5年生の頃からパソコンを使っていた。ある時画面を見たら、猫を茹でる動画を見ていた」(公判での母親の証言)

引用元:yahooニュース

言葉を見ただけでも気分が悪くなってしまう程の異常さ。その異常な岡庭容疑者について同級生の衝撃的な証言を入手。

「1回だけ、岡庭の犯行を目撃してしまったことがあるんです。猫をヤってました。岡庭は猫をヤりながら「かわいいなぁ。かわいいなぁお前」とか言ってたんです。「何やってんだよ」って注意したら、ニヤってして「あ、見たい?かわいいよね」と言われました。もう悲惨な猫の姿と岡庭のニヤついた顔がいまだに頭から離れません。なんであの時声かけたんだろう…

かなりヤバイ証言、にわかには信じがたい内容。しかし岡庭由征容疑者は、10年前の少女通り魔事件の公判の際にも、犯行時のことを思いだしてニヤついていたのです。

「調書を読んでいるときに君の口元が緩んでいるように見えたけど?」と裁判長にも問われ「ちょっと思い出しちゃって」と答えていた

引用元:yahooニュース

岡庭由征少年院時代の様子が衝撃的

コメント

タイトルとURLをコピーしました