ラブリ強制わいせつ

ラブリが女性に強制わいせつ!壮絶な被害内容事件後の対応全貌

ラブリ強制わいせつ

モデルのラブリ(31)が、女性に強引にわいせつ行為をしたと報じられました。ラブリはモデル活動の他、選挙の投票の呼びかけや動物愛護活動などをしています。また、ラブリのインスタグラムのフォロワーは約50万人という、“社会派インフルエンサー”としても知られています。

ラブリから壮絶な性被害を受けたと刑事告訴している女性が文春に詳細を語りました。ラブリが女性にした強制わいせつの被害内容と、事件後のラブリ側の対応など全貌に迫ります。

ラブリ強制わいせつの概要

2019年5月、和歌山県白浜町に計5人で旅行することになった。宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、先に部屋に戻って寝ていたA子さんをラブリが襲ったという。

引用元:文春オンライン

2019年5月、和歌山県白浜町に計5人で旅行することになった。宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、先に部屋に戻って寝ていたA子さんをラブリが襲ったという。

事件が起きたのは2019年の5月。被害女性はラブリが関わるプロジェクトの責任者に就任していました。親睦を深めるために和歌山県白浜町に計5人で旅行に行ったとのこと。その時に宿泊したホテルで被害は起きました。

被害女性が寝ているところを、ラブリに襲われたと証言しています。被害女性は2019年8月、和歌山県警白浜警察署に被害届と告訴状を提出。ラブリは2020年3月に『強制わいせつ被疑事件』で書類送検され、現在は和歌山地検が捜査中とのことです。

「ラブリはバイセクシャル」証言

ラブリ裏垢でバイの心境吐露

ラブリが被害女性に行った壮絶な性被害内容

午前4時半頃、寝ていた被害女性にラブリは「お布団かぶらないと風邪ひくよ」と声をかけてきました。被害女性が目を開けるとラブリは女性の上に乗っていたとのこと。そして一言ゾッとする言葉をかけ、瞬時に被害女性の洋服に手をかけた。

そこからは目を疑うような描写が文春には書かれていました。(ここではポリシー違反に関わりますので詳細な表現は避けさせて頂きます。)被害女性は「男の子が好きなので女の子は無理なんです、ごめんなさい」と何度も拒否したと言います。

起き上がろうとする被害女性をラブリは押し倒し続けたとのこと。被害女性は「やめて、無理」と抵抗を続けたそうです。ですが抵抗し続ける被害女性にイラついたのか、ラブリは「うるさい」ときつい口調で言い放った。

被害女性が驚いて動けなくなると、ラブリの強制わいせつは激しいものになった。ここで被害女性は『もう無理だ』と感じたそう。歯を食いしばったが、ラブリの無理やりな行動は続いた。

ラブリの背中の真ん中に、三角の中に目のあるタトゥーがあり恐怖が増したと語ります。被害女性はラブリの『ニタッ』と笑う嬉しそうな顔が、今でも脳裏に焼き付いているとのこと。

解放されたのは6時40分。2時間強もの間、恐怖と苦痛の時間を過ごした被害女性。性被害に限らずですが、苦しむのはその場だけではありません。事件が起きたあともずっと、その時の恐怖や苦痛などが後遺症として残り日常生活もままならなくなる人も居ます。

現に今回ラブリに強制わいせつの被害にあったという女性も、重度の『PTSD(心的外傷後ストレス障害)』と医師から診断されています。ラブリの強制わいせつが本当なら、ラブリは被害女性の普通の日常を奪ってしまったことになります。

「ラブリはバイセクシャル」証言

ラブリ裏垢でバイの心境吐露

弟・亜嵐は不倫にアイドルと交際

ラブリ強制わいせつ事件後の対応

ラブリが被害女性を襲った後、一緒に旅行に参加した人と朝食を共にしたそう。その時のラブリの反応はあっけらかんとしたものだったと被害女性は語っています。

強制わいせつ事件が起きた旅行から約3週間後、仕事でイベントに参加した被害女性。その場で被害女性はラブリにこう声をかけられた。「あの時はごめんね~」その口調は冗談交じりでとても軽い感じだったとのこと。

被害女性は2019年8月被害届と告訴状を提出。ラブリは2020年3月に『強制わいせつ被疑事件』で書類送検され、現在は和歌山地検が捜査中という経緯があります。そして1月15日、文春が強制わいせつ事件に関して事務所に問い合わせをします。

すると同じ15日に、被害女性の元にラブリ側の弁護士から示談をもちかけてきたとのこと。被害女性は昨年末に請求額として500万円を提示していました。ですがラブリ側は解決金として200万円は支払うとこれまで言ってきていたそうです。

しかしここにきて『請求額の全額を支払う』と申し出てきました。文春がラブリ側の弁護士に直接話を聞くと「慰謝料ではなく解決金として500万円を支払う」という内容の示談を申し出たということがわかりました。

慰謝料ではなくあくまでも『解決金』ということですね。慰謝料では罪を認める事になるからでしょう。ラブリ側は「犯罪行為はなかった」と強調しているとのことです。示談については、被害女性はきっちり捜査を続けてもらいたいからと断っています。

民事裁判の準備も進めているそう。被害女性の証言だけでどこまで戦えるのか。確実な証拠がないラブリ強制わいせつ事件。今回の被害者女性の他にも被害を受けた人がいるのか…

ラブリ裏垢でバイの心境吐露

「ラブリはバイセクシャル」証言

弟白濱亜嵐も性スキャンダル

コメント

タイトルとURLをコピーしました