わんわんハウス若松店店長大山田真美による虐待死亡事故

わんわんハウス若松でアダム君が死亡!店長の大山田真美は「客観的に見て精神異常」

わんわんハウス若松店店長大山田真美による虐待死亡事故

福岡県北九州市にあるわんわんハウス若松店で、アダム君(シェパード)が死亡したという事故が発覚しました。「トリミング中にしつけをしたら亡くなってしまった」という店長・大山田真美。

ですが、虐待だったのではとネットで炎上しています。わんわんハウス若松店で起きた、アダム君が死亡するという虐待死亡事故の詳細について迫ります。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡!

わんわんハウス若松店で、トリミング中のしつけでアダム君(シェパード)が死亡するという事故があったようです。アダム君の命を奪われた、飼い主のインスタから引用。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

2021年1月12日。
アダムが亡くなった―――。

いつもと変わらずサロンに預けていると、
14時頃、店長の大山田氏から連絡があった。
アダムが病院に運ばれたと…。

15時過ぎに病院へ行くと既に息絶えた後だった。

「事故を起こしてしまい申し訳ございません。」
わんわんハウスからのお詫びはこの一言だけである。

店長の証言はこうだ。

「シャンプー中にアダムが暴れたので躾をした。
見せられないギリギリの訓練だったが、
殺意はなく事故である。示談で済ませて欲しい。」

わんわんハウス若松店の店長は大山田真美という、動物専門学院の学院長も務める人物です。わんわんハウスはトリミングやペットホテルサービスだけでなく、基本的なしつけも行っているお店でした。

今回犠牲になってしまったアダム君(シェパード)の飼い主は、そのしつけのサービスの利用も兼ねて、わんわんハウス若松店を利用していたそう。2019年6月から、出張中は週に2~3回預けていたとのことです。

死亡事故が起きた1月12日も、いつも通りに信頼してアダム君を預けます。しかし、店長・大山田真美から連絡を受け病院へ行くと、アダム君は亡くなっていたとのことです。

大山田真美の言い分では、「シャンプー中に暴れたからしつけをした。示談で済ませて欲しい」でした。お詫びの言葉は「事故を起こしてしまい申し訳ございません。」の一言だけ。人様の大事な家族の命を奪っておいてそれだけ。

それなのに示談で済ませて欲しいなんて…あまりにも身勝手すぎます。自分の子供の命を奪った人から、同じように「示談でお願いします」なんて言われたら、大山田真美は了承するのでしょうか。長年勤めてきたプロが呆れます。

大山田真美「過剰なしつけはダメ」

わんわんハウス若松でアダム君が死亡した経緯

死亡したアダム君(シェパード)の飼い主に、わんわんハウス若松店の店長・大山田真美はこう言っています。「しつけをした。見せられないギリギリの訓練だった。」と…。『見せられないギリギリの訓練』とは何なのでしょうか。

アダム君の飼い主は、店長・大山田真美が何も死亡事故について語らない事から、他の従業員にも話を聞いています。その場では誰も口を開かなかったそうですが、連絡先を渡しておいたとのこと。同日、死亡事故の現場にいた従業員から連絡がきて何が起きたのかが判明します。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

今回アダムシャンプー中に躾をされた理由は以下の通り。

1mほどの狭いシンクに大型犬のアダムを無理やり
伏せさせようと押し込んだところ伏せを拒んだアダムが、
立ち上がり毛をブルブルと震わせた。

そんなアダムを見た店長が躾が必要と判断。息が出来なくなるまで首輪を絞めて顔に水をかけること1分。
歯茎が真っ白になり動けない状態になってしまった。

大山田真美の言う『見せられないギリギリの訓練』とは、『息が出来なくなるまで首輪を絞めて顔に1分間水をかけること』でした。そりゃそんな場面を飼い主に見せることはできませんよ。しつけではなく虐待と言われても仕方がありません。

しかし、そんなことを平気でできていた大山田真美。誰もがその神経を疑ってしまうのではないでしょうか。そして恐ろしい事に、動けない状態になったアダム君(シェパード)をそのままボックスドライヤーに入れたとのこと。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

その状態でボックスドライヤーに入れ毛を乾かしていたが、
スタッフの一人が見かねて病院へ行くことを提案。
その後、病院でアダムの死が確認された。

明らかに様子のおかしい犬をそのまま放置していたことになります。日常的に虐待のようなしつけが行われていたということでしょうか。様子がおかしければすぐに飼い主に連絡するなり、病院に連れて行くなりするはずです。

少なくともそのままボックスドライヤーに入れるなんてことはしないでしょう。

画像】大山田真美の異様な過去

店長の大山田真美は精神異常

わんわんハウス若松店で、トリミング中の虐待でアダム君(シェパード)が死亡した事故。アダム君は解剖も行ったそうです。毛を沿った際、いくつも青いあざが出てきたとのこと。2019年の6月からアダム君をわんわんハウス若松店に預けていた飼い主。

その頃から毎回のようにしつけと称して虐待がされていたのかもしれません。それを裏付けるかのように、内部告発者の証言や「自分も虐待されていたかも」と続々と情報が集まっています。

過去の虐待が次々に出てくるなかで、大山田真美は精神に異常があったという内部告発者からの証言がありました。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

フィクションのような話ですが、本当の話です。
これは私が学校を卒業した際にもらった卒業証書です。

内部告発者は、大山田真美が学院長を務める動物専門学院の修了証書を証拠として、写真を添付しています。このことから、この内部告発者の証言内容が全くの嘘ではないことがわかります。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

私は大山田が設立した九州動物専門学園を2020年に卒業したものです。
学園長はあまり学校に来ませんでしたが、それでも大山田学園長の異常さは目にしてきました。

この内部告発者は2020年に卒業しています。ということは、大山田真美についての情報は新しいということになります。そして、あまり学校に来なかったのに、それでも大山田真美の異常さは目立っていたとのこと。相当問題だったことがうかがえます。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

学園長と接していて思ったのは、考え方はとても素晴らしい方ですが、行動は理解できないものでした。
犬の事を1番に考えていると言いつつ、行っていたのは私から見たら虐待でした。
客観的に見て、学園長は精神に異常があると思います。

あまり学校に来ていなかった大山田真美を、精神に異常があると言えるとは…。なぜそんなことが言えるのか…

画像】大山田真美の異様な過去

大山田真美の異常な行動

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

トリミング台には、犬が台から落ちない為にする安全ベルトのような、紐のような物があります。
それに”しつけ”と言って、その紐を吊る棒に首輪をつけて足を後ろに引っ張ったりする・首を上から力いっぱい押すといった行為を、私達学生にしろと言ってきました。

明らかにしつけというレベルを超えている、もしくはしつけのやり方を間違えていると言える行為。ちなみにトリミング台とは以下のようになっています。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

大山田真美は、この紐が吊るされている部分に犬の首輪をつけて、足を後ろに引っ張ったりする・首を上から力いっぱい押すといった行為を学生たちに指示していたとのこと。想像するだけで恐ろしくてたまりません。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

先生方も学園長のやり方に、学園長がヒステリックを起こさないように何度も訴えかけていましたが、学園長は聞く耳をもたず、皆さんを怒鳴りつけていました。

わんわんハウス若松店で店長を務め、動物専門学院の学院長でもあった大山田真美。蓋をあければヒステリックなただのおばさまということでしょうか。大山田真美の年代は更年期障害というものに衝突しますからね。

ささいなことで感情の浮き沈みが激しくなるものです。更には『自分が一番正しい』という頑固者が多い。だから大山田真美も他の先生や生徒たちからの声に聞く耳がもてなかったのでしょう。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

学園長は犬を20匹程度飼っていますが、それは飼っているとも言い難い環境で、学園長が飼っている犬はショップにほとんどみんないます。
学園長は犬の幸せは繁殖する事だと言っていました。
学園長が来たときに嬉しそうについていく犬を見て可哀想でした。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

学園長はいつも自分の犬を2つのゲージに4匹ずつ程に分けてキツキツに入れて運んでいました。
誰かにそれはあまりよくないととめられていたのにずっとそうしていたそうです。
ある夏の日に、そのゲージを車の中に忘れて4匹が熱中症で亡くなってしまいました。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

色んな犬にアダムちゃんと同じ事をしていると聞きました。
心肺停止になった犬を従業員や先生が蘇生させ、学園長に異論を唱えそれでも止まることはなく犠牲がでてしまいました。

私が学生の時もマルチーズのわんちゃんが力が抜けた状態で洗われ、宙吊りにされドライヤーにあてられていて、本当に恐ろしかったです。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

トリミングの授業中に、飼い主さんと学院長が揉めて警察を呼んだこともありました。
ぶるぴたを使って、トリミングに来てたシュナウザーが鼻血を吹き出してしまいました。
学院長は「性欲が溜まってて興奮したのね」と言ってニコニコしてました。
本当に恐ろしいです…
シュナウザーの子は、その後飼い主さんの元へ帰って行ったのですが、きっと鼻血の件は伝えられていないと思います。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

僕の知り合いの方もわんわんハウス若松店に犬をカットに出したら目が充血し、目元にあざができて飼い主の元に帰ってきたらしいです。

一緒に添えられた犬の写真は、明らかに右目の周りが黒くあざが出来ており、左目は真っ赤に充血していることがわかります。

大山田真美は昔からおかしかった

店長の大山田真美は雲隠れ

わんわんハウス若松店でアダム君が死亡した件について、飼い主の悲痛な訴えからSNSでは拡散が止まりません。中には直接わんわんハウス若松店に電話連絡をしたという人も出てきています。

そこで分かったことは、従業員はお店にも出向き対応をしているのに、渦中にある店長・大山田真美は雲隠れしているということでした。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

帰ってきました。今、わんわんハウス若松店に電話しました。事務員さんが電話に出てくれて、トリマーさん達は全てを警察、メディアに話してくれているそうです。
経営者夫婦は、雲隠れしているらしいです。 事務員さんトリマーさん達も被害者だと思いました。給料も出るかわからないのに

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

店に居る子達のお世話をしにきて、 ちゃんと電話対応もしてくれて、 すみませんと謝っていました。 シェパードの飼い主さんと、トリマーさん事務員さんは、話し合いがついているそうです。
経営者は、飼い主さんと話もしていないそうです。 わんわんハウスは、この業界では大規模、学校もしています

従業員はプロとしての誇りをもって、お店に出てお世話をしていたようです。従業員は警察やメディア、アダム君(シェパード)の飼い主にきちんと話をしている。なのに店長・大山田真美は雲隠れ。

38年もトリマーや動物専門学院の学院長など、犬と関わる仕事をしてきた人物がこの始末…。実はわんわんハウスのホームページや、学院のホームページも消えています。わんわんハウスのホームページは認証制になっていました。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

大山田真美は昔からおかしかった

【追記】スッキリで語られた新たな情報

トリミング中の様子はこうだ。シャンプー台の手すりにリードをつなぎ、お座りの状態でおしりからシャワーを開始した。アダム君は水が怖いのか立ち上がった。そこで店長の大山田真美が現れた。

そしてこう言った。「シンクにふせをさせて洗わないと、お利口にならない。しつけなんだよ」大山田真美は従業員に、てすりに首輪をつなぐように指示をしました。しかし手すりに首輪をつなぐような場面は、かみつくような危険がない限りはしないと関係者はいいます。

『嫌がるアダム君の首輪が外れてしまう→押さえつけて首輪をつける→頭からシャワー』というのが繰り返されていた。シャワーは冷水。そのうちアダム君は失神してしまう。大山田真美は、アダム君が失神して「やっと諦めたか。観念したか」と発言した。

アダム君はシャンプーが終わった後、自力では立てない状態だった。通常のシャンプーは30~40分で終了する。しかし、アダム君のシャンプーは約2時間かかった。30~40分様子を見ていてもぐったりした様子に変化はなく、病院へ。

病院では嘔吐もしていたとのこと。先生が心肺蘇生をするも命は亡くなってしまった。大山田真美から飼い主は「死にそうだ」と連絡があった。飼い主は病院に連絡し「病気で死んだのか」と問うと「病気ではない」との返答があった。

アダム君の解剖では、足の甲や脇のところに青あざがあることが判明しています。大山田真美は犬をマネキンみたいにじっとさせて、シャンプーやトリミングをやるというスタイルだったと従業員は言います。

度を過ぎた行為に従業員が口を出すと、「もう私のやり方を否定して!」とヒステリックになっていたとのこと。大山田真美は39年もの経験があること、「私は神だ」と日頃から発言をしていたことも判明。

アクセスできなかった九州動物専門学院のホームページが復活しており、大山田真美からのコメントが記載してありました。

わんわんハウス若松でアダム君が死亡

この度わんわんハウス若松店にて生後4ヶ月から半年に渡りお預かりしていました犬が亡くなる事故がありました。
この様な事故が起きた事について、大変申し訳なく思っております。
飼い主様に対しましては、弁護士と相談の上、誠意を持って対応して参ります。
あわせて、この事故につきまして事実と異なる内容が一部のSNS等で拡散されており、お客様にはご心配をおかけ致しております。
皆様には、大変ご心配をおかけしました事、重ねてお詫び申し上げます。

『事故』を強調する謝罪文でした。今回大山田真美がアダム君にした行為が事故で通る話なら、世の中とんでもないことになります。死亡事故を起こしておいてまだ「自分は悪くない」「自分のやったことは正しかった」と思ってると世間に思われても仕方ないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました