事件・事故

山本和次の顔画像!八王子市ひき逃げ犯はディズニー好きで優しいおじいちゃん

事件・事故

23日、八王子市の甲州街道で認知症の永井智達さん(79がひき逃げ事故に会い、死亡。犯人の山本かずつぐ容疑者は逃走していましたが、23日に警察署に出頭し逮捕されました。山本和次の顔画像、Facebook特定から山本和次容疑者の人物像に迫ります。

山本和次の顔画像

山本和次の逮捕のニュースが報道されましたが、顔画像はまだ報道されていません。判明次第追記いたします。山本和次容疑者は配送業をしているとのこと。トラック運転手という報道ではないので、恐らく佐川急便やクロネコヤマト等の宅配業者関係ではないかと思われます。

yamaotokazutsugu-kaogazou
山本和次の顔画像イメージ

年齢も63歳ということなので、山本和次容疑者も上のような画像イメージということが推測されます。

山本和次のFacebook特定か

山本和次のFacebookを調査してみました。すると1件だけ『山本和次』でヒットしました。画像、一番上のアカウントになります。そのほかの3件は名前が全く違います。

yamamotokazutugu-kaogazou
山本和次のFacebook

勤務先の設定が「ずううっと運転手」となりひき逃げ事故を起こした山本和次である可能性が高いです。しかしこの『山本和次』のアカウントは江戸川区在住。報道では八王子市在住となっています。

最終更新日は2020年9月18日ですので、この5ヶ月間の間で引っ越したことも考えられなくもないです。ですがこのFacebookをひき逃げ犯の山本和次と断定するには材料不足ですので、これ以上の掲載は控えさせて頂きます。

山本和次はディズニー好きの優しいおじいちゃん

先程のFacebookのアカウントには、車のハンドルの写真の他にディズニーのミッキーの写真が2枚投稿されていました。このアカウントが山本和次容疑者のものだとすると、山本和次容疑者はディズニー好きだったことがうかがえます。

山本和次容疑者自身が好きだったのか、もしくは孫がいてその孫が好きだったのかもしれません。山本和次容疑者は事故を起こしたことを妻に話していたということが、報道でわかっています。

逃走後、山本容疑者は、妻に「黒いものが倒れていて、はねたかもしれない」と打ち明けて、23日夜に警察署に出頭していた。

引用元:yahooニュース

山本和次容疑者は63歳ですし、妻との間に子供がいて孫がいても全然おかしくない年齢です。どこにでもいる、孫想いの優しいおじいちゃんだったのでしょう。

yamamotokazutsugu-kaogazou
山本和次の顔画像イメージ

山本和次容疑者のプロフィール

名前:山本和次(やまもとかずつぐ)
年齢:63歳
住所:東京都八王子市八木町近く
職業:配送業(長年配送業の可能性あり)
既婚

山本和次容疑者は、事故が起きた八王子市八木町の近くに住んでいました。下の地図の赤く囲まれた部分が八王子市八木町です。ですのでここからそう離れていない場所に山本かずつぐ容疑者の自宅があるということになります。

ひき逃げ死亡事件が起きた、八王子市八木町周辺の家賃相場を調査してみました。調査したのは以下画像の赤丸。「平岡町」「本郷町」「八幡町」「小門町」「追分町」「日吉町」の6つです。

yamamotokazutugu
yamamotokazutsugu
yamamotokazutugunokaogazou
yamamotokazutsugunokaogazou
yamamotokazutsugu
yamamotokazutsugu-kaogazou
出典:CHINTAI

本郷町は8万円、八幡町は6.75万円となっていますが、その他はほぼ3万円台となっています。これはかなり住みやすい値段です。さらに、八王子市の一軒家の相場も調べてみました。

yamamotokazutugu
出典:アットホーム

八王子市の一戸建ての相場も、年々下がってきていたことがわかりました。江戸川区在住と登録されていたFacebookが山本和次容疑者のものとするなら、山本和次は家賃の安い八王子市に引っ越してきたのか…。

【追記】八王子市ひき逃げ死亡事故の概要

yamamotokazutugu

東京・八王子市で79歳の男性が車にひかれて死亡したひき逃げ事件で、警視庁は出頭してきた63歳の配送業者の男を逮捕しました。
山本和次容疑者は23日午前5時ごろ、八王子市八木町の国道20号で永井智達さんを軽ワゴン車でひいて死亡させ、そのまま逃げた疑いが持たれています。

引用元:テレ朝ニュース

ひき逃げ事故で死亡した被害者・永井智達さんは、認知症だったとのこと。徘徊中に道路で何らかの理由で倒れ、山本和次容疑者の運転する車にひかれたようです。しかしそれだけでは済まず、被害者は後続車2台にもひかれてしまいます。

後続車2台はその場にとどまりましたが、山本和次容疑者は一度Uターンし現場を確認したあと、逃げています。そして一度職場に出勤し、夜帰宅した際妻に「黒いものが倒れていて、はねたかもしれない」と相談。

それから妻に付き添われ、山本和次容疑者は警察に出頭、逮捕となりました。警察の調べに山本和次容疑者は「事故は起こしたが、人をはねたつもりはない」と証言しているとのこと。

1台のみならず、その後2台にもはねられてしまった被害男性。認知症の徘徊は、思った以上に危険な事態を招きかねないと思い知らされる事件となりました。

ひき逃げで男性死亡 3台にひかれたか

コメント

  1. より:

    こういうこと記事にするのやめなさいよ・・・
    徘徊する爺さんが幹線道路に突っ立ってたんだから
    ひいてしまった側もだいぶ気の毒な話なんだからさ。

    さすがに特定して顔を晒すのは酷すぎる。
    あんた悪魔だよ。

タイトルとURLをコピーしました